海外の反応

海外「もうやめようよ…」イギリス人が韓国メディアで日本における嫌韓事情を解説…

投稿日:2020/07/25 更新日:

 


 

日本の韓国に対するヘイトスピーチ:イギリス人ジャーナリストの見解

こちらは韓国のKOREA NOWというニュースメディアが投稿した動画で、イギリス人のジャーナリストが日本のアンチ韓国の動きを紹介している。あまり英語メディアでは紹介されていなそうな川崎市の条例なども取り上げていて、様々なコメントが寄せられている。

出典:https://youtu.be/6hm-pswPowE

  • 日本と韓国における経済関係膠着は、別の争いを包み隠しているのかもしれない。
  • 世界的には注目されていないが、日本の川崎市で「ヘイトスピーチ禁止条例」が施行。在日コリアンの多い地域で、どれほどこうした人達に対するヘイトが強いのかがうかがえる。
  • コリアンの人たちは、現在のドイツでもヘイトを受けているユダヤ人と同じような扱いをされている。
  • ヘイトスピーチを行っている人たちは、経済関係や歴史問題の捏造を理由として行っている。
  • 歴史問題については努力が続けられているが、被害者との人間的なかかわりが欠けている。
  • 問題に対する安倍首相の対応や経済政策が、韓国の右派からの反感を強めた。
  • 日本の書店には韓国に対する「ヘイト本」のコーナーがある。
  • 安倍政権は歴史問題に不誠実で、さらなる経済的苦痛も与えている。この状態では傷が癒えるのはさらに難しくなる。

 

海外の反応

名無しさん@海外の反応

日本はやったことに向き合って、歴史書に全て載せるべきだ!!絶対忘れない!!

名無しさん@海外の反応

この美しい世界の人々が、これをすべてやめるよう祈ってる…

名無しさん@海外の反応

「客観的にヘイトスピーチは間違っている。しかし搾取の歴史を持つ特定のグループの人々を傷つけることは特に間違っている。」その通りだね

名無しさん@海外の反応

木や石は骨を折るが言葉では傷つけられないという言葉もあるが、ペンは剣よりも強しという言葉もある。

名無しさん@海外の反応

でも日本ってK-Popの一番の消費者じゃん

名無しさん@海外の反応

パンデミックの時代には、どんなおかしなことだって起こりうる。

名無しさん@海外の反応

わからないけど、パンデミックが拡大してから、あらゆる国がいくつか紛争や問題に直面してる

名無しさん@海外の反応

先進国と呼ばれている国にしては、とても偽善的で子供みたいだ…

名無しさん@海外の反応

これ見てちょっと悲しかった。韓国人だけど、日本が好きだよ。両方とも平等な国だよ

名無しさん@海外の反応

日本の経済規模は韓国より2.5倍大きい。これは日本の人口が韓国より2.5倍大きいからだ。一人当たりの給料は日本も韓国もほぼ同じ。来年には、韓国が日本を追い越すぞ。

名無しさん@海外の反応

日本は何も学ばなかった!!新しい教訓を与える時か

名無しさん@海外の反応

韓国でも同じ条例が通ったらなあ。韓国では反日ヘイトスピーチが見過ごされてる。

名無しさん@海外の反応

このチャンネルは親韓だから予想通りの内容だった。日本が過去にどんなひどいことをしたかは知っているけど、もうやめようよ。みんな時間を戻すんじゃなくて進まなければ。許すことで自己回復になるよ。

名無しさん@海外の反応

どうしてみんな韓国における反日についてコメントしないんだ。そっちの方が大きいしひどい。

名無しさん@海外の反応

NCTを応援する

名無しさん@海外の反応

「人類がみんなの人種で、愛がみんなの宗教」みんながこの言葉と、みんな神の子であるということを認めれば世界のすべての問題は解決するのに…

名無しさん@海外の反応

簡単に言うと、日本は民主主義国じゃない。確かに、北朝鮮や中国とは違って自由があるけど、そのレベルは考え物だ。残念ながら、これは日本人がやっていること。日本人は投票しない。特に若者の投票率が低い。日本人はデモもしない。

名無しさん@海外の反応

日本の文化とメディアはとても好きだけど、日本は第二次世界大戦から学んでいないのは明らかだ。ここアメリカの白人至上主義者を思い出させて悲しくなる。

名無しさん@海外の反応

韓国人とユダヤ人の比較は間違いだ。ドイツのユダヤ人は第二次大戦前にドイツに対する制裁を先導した。世界中に散らばったドイツ系ユダヤ人は第一次世界大戦で英米側についた。ドイツのユダヤ人は効果的にドイツの敵側についたんだ。一方、韓国人は大日本帝国の侵略には関与してない。

名無しさん@海外の反応

でも、日本人の多くがこの報道のような見解を持っていない。日本以外ではとても正しくて公平だとされているのに。

-海外の反応

Copyright© 世界の反応 , 2020 All Rights Reserved.