海外の反応

海外「別に問題ないんじゃないか??」日本の国旗と旭日旗の問題を議論!

投稿日:2020/04/21 更新日:

 


 

日本の昔の国旗には何が起こったのか?

「この画像は、日本の国旗。それと同時にいかに日本が日本であるかを表した円グラフである。」そんな妙な出だしで始まったこちらの動画、何やら日本の国旗の成立から、最近の韓国の旭日旗批判までを解説しているようだ。

出典:https://youtu.be/EKCBG3i9z4E

  • 日本では神道の信仰とも太陽がかかわりが深く、国旗は太陽がもとになって日の丸と呼ばれている。
  • 戦国時代に家紋として使われていた旗が、江戸時代に船に掲げられ、国を表す旗になった。
  • 日の丸が国を表す旗に認められた際、旭日旗も同時に認められた。しかしこれは軍隊で使われる旗だった。
  • 陸軍と海軍で、丸の位置が違う旗が使われていた。
  • 第二次世界大戦後には旭日旗は途絶えた。しかし、自衛隊の旗として復活。
  • 日の丸は法律では国旗と決まっていなかったため、日本国内では物議をかもす問題となっていたことが多々あり、教員による反対運動を経て1999年に法律で国旗として定められた。
  • 日の丸が日本国外で問題になることはめったにないが、2018年には海上自衛隊が掲げていた旭日旗を韓国が批判した。アジアの中でも極端な人は日本の旭日旗をナチスのシンボルと同じように扱うこともあるようだ。視聴者の皆さんは旭日旗についてどう思う?

 

海外の反応

名無しさん@海外の反応

旭日旗はゴジラのシンボルに変えるべきだと思う。

名無しさん@海外の反応

海軍と陸軍の旭日旗に違いがあることに気づかなかった

名無しさん@海外の反応

「学生が日の丸と国家に関して議論したため教員が自殺」

極限の日本人だね

名無しさん@海外の反応

冗長な言い方:ミートボール

名無しさん@海外の反応

その理論だとイギリスの旗も問題になる。どこの国の旗も問題になる。

名無しさん@海外の反応

寄った太陽の旗は基本的に海軍の旗で国旗じゃない。ナチスのシンボルとは直接的には例えられないと思う。何も問題があるように思えない。

名無しさん@海外の反応

クロアチアの国旗もセルビア人からナチスのシンボルにたとえられてきたよ

名無しさん@海外の反応

これはとても興味深いね!韓国出身の女性と結婚して10年になるけど、親が子供の頃は日本の統治時代だったんだ。聞いた話や起こった出来事から考えると、あの旗は韓国人にとって不快だというのがわかる。

名無しさん@海外の反応

父親が1945年に横浜港の船に乗っていたんだ。持って帰ってきたお土産の中に白地に太陽の旗があった。国旗だった。

名無しさん@海外の反応

日の丸を掲げるかどうかの議論で自殺したという先生の話を聞いて、いかに人は文化的、周辺的、言語的ナショナリズムのために極端な行動ができるかという世界の恐ろしい側面を思い知らされた。

名無しさん@海外の反応

何世紀もの間、ソニー藩と任天堂藩は日本の天下を獲るために戦い続けていた…そして今、世界中からゲーマー、もとい傭兵たちがこの終わりなき戦いを支援している

名無しさん@海外の反応

ナチスのシンボルとは違う

旭日旗には何百年もの歴史があるし、あのハーケンクロイツのような勝手な人種差別的な歴史や反動的社会主義政党とは関係ない。

名無しさん@海外の反応

ナチスの旗には東洋のエンブレムが使われていて、今でもアジア人は伝統的に使っている。日本の国旗には西洋人には問題ないけど、アジア人にとっては問題がある。興味深いコントラストだね

名無しさん@海外の反応

あの旭日旗はいいね、そのままにするべきだった

名無しさん@海外の反応

他人にシンボルを使うなというのは賢くないね。どんな旗を掲げようと、どんな名前で呼ばれようと日本の海軍は日本の海軍だ。これはあらゆることに当てはまる。

名無しさん@海外の反応

いいね!変な奴らが攻撃してる以外は日本人は国旗を愛しているよ。問題ない。日本人は悪くない。国のシンボルだ。妙なやつらに攻撃させちゃいけない。

名無しさん@海外の反応

おい、旭日旗は軍隊の旗だよ!

名無しさん@海外の反応

テクノロジーがこれだけ進んだ国にしては、国旗に関してはあまりクリエイティビティがないね…

名無しさん@海外の反応

人がどう受け止めるかが一番重要だと思う。日本では旭日旗を海軍の伝統と結びつけるかもしれないけど、朝鮮人はその名の下で行われた残虐行為を思い出す。国内で使って、朝鮮人を尊重してほしい。

名無しさん@海外の反応

旭日旗を問題視するのはアジア人だけじゃない。程度は薄いけど、アメリカ人も大日本帝国を連想するよ。

-海外の反応

Copyright© 世界の反応 , 2020 All Rights Reserved.