海外の反応

海外視聴者「まだこのほかにも…」戦時中に日本の「味方」になった人々をまとめた動画に反響

投稿日:2022/09/07 更新日:

 


 

第二次大戦における日本の望まざる味方

こちらの動画では、第二次世界大戦中に日本軍に加勢した(ドイツやイタリアなど主要同盟国以外の)人々についてイラストアニメーション付きでまとめている。動画に対しては、当時の歴史に関心のある視聴者から様々な補足や日本軍に対する印象などのコメントが届いている。

出典:https://youtu.be/T77ey_iqXuo

動画内で取り上げられている大まかな内容は、以下の通り

    • 日本に併合され、日本軍に大規模な労働力と資源を供給した朝鮮半島の人々
    • ロシア革命で国外に追放され、日本にも人員を供給したロシア白軍
    • 中国で日本の統治を維持した汪兆銘政権や最後の皇帝溥儀
    • ソ連や中国との戦いで日本に加勢した満州国・モンゴル軍
    • 英国からの独立を求めて日本軍とともに戦ったインドの独立派
    • 当初は日本の味方として戦い、日本軍の訓練を受けたビルマ独立派

 

海外の反応

名無しさん@海外の反応

おそらく、ポーランドも戦時中の予想外な日本の味方だろうね。ソビエト連邦に対する不信を共有しており、日本はポーランドのスパイを頼りにしていたはずで、日本政府はポーランドの宣戦布告を否定さえした。東条英機首相は米国と英国が強制的にポーランド亡命政府に宣戦布告させたもので、法的に無効だと主張した。

名無しさん@海外の反応

祖母の話では、日本軍統治下の朝鮮半島で徴兵された軍は一般の日本兵よりも残虐で恐ろしかったそうだ。

名無しさん@海外の反応

日本は当時のアジアの国としてはアジアに領土を拡大していった速さがとても感心だ

名無しさん@海外の反応

イギリス軍がインド兵を日本軍に引き渡して捕虜にさせたって部分を忘れてるよ…だから兵士たちは味方をしていたイギリス軍に裏切られたと感じたんだ

名無しさん@海外の反応

タイについても忘れないで。タイは日本の味方で、タイ政府は戦時中に、日本軍がイギリス統治下のマレー半島を侵攻するためにタイの通過を許したんだ…泰日同盟の理由は日本軍がタイ政府を脅したことなんだけどね。

名無しさん@海外の反応

南進論は大きいな失敗だった。だがこの計画は反対派の陸軍に対抗して海軍が支持していた。そもそも陸軍が支持していた北進論の方が、資源調達の可能性に関してはかなりマシだった。

名無しさん@海外の反応

1942年までに、アメリカが認めた通りフィリピンは独立できるはずだった。当時のフィリピン人は外国の帝国主義にうんざりしていて、だからこそ戦後ワルシャワの次にもっとも破壊された都市を持つことになった。領土を守るために必死で戦ったんだ。

名無しさん@海外の反応

日本の参戦はアジアの中でも特にインドやビルマで戦後に欧米の植民地主義を終わらせるきっかけになった。

名無しさん@海外の反応

名言「敵の敵は味方」。

名無しさん@海外の反応

日本に望まざる味方がいたというのなら、ドイツにどんな味方がいたか見るのをお楽しみに。

名無しさん@海外の反応

最近の軍事パレードでミャンマー兵が日本軍の制服着てたのに驚いた。第二次大戦当時のイギリス軍の制服も着てたと思う。

名無しさん@海外の反応

真珠湾攻撃は日本軍のマレー半島やタイに対する攻撃の後に起こった。日付戦のせいでアメリカ側には信じがたかっただろうけどアメリカが最初に攻撃されたわけじゃないんだ。

名無しさん@海外の反応

日本は中国の生き残る意思をかなり甘く見ていた。でもソ連や米国の介入がなかったら中国は併合されたままだったと思う。だけどそうなっても日本は大勢の犠牲を出し、結局はソ連や米国の格好の獲物にされただろう。

名無しさん@海外の反応

しかし、日本の太平洋の味方と違って、ベトナム人たちは蜂起して日本の占領軍に対してゲリラ戦を仕掛けた。

名無しさん@海外の反応

あと、こういう国々とは別に、日本はベトナム・ラオス・カンボジア、インドネシア、フィリピンから主に人員を雇ったことも説明するといいね。インドネシアに関しては日本軍が10万人ほどのインドネシア人を訓練し、半数は太平洋地域に派遣されて戦死し、あとの「幸運な」半数は最終的にインドネシア革命に参加したという記録がある。

-海外の反応

Copyright© 世界の反応 , 2022 All Rights Reserved.