海外の反応

海外視聴者「よくわかる!」日本がインドに最新防衛技術を提供する理由は?

投稿日:2022/10/20 更新日:

 


 

インドと日本の関係 国防貿易協定|中国がインドに戦争を仕掛けない理由|地政学

インドのチャンネルが投稿したこちらの動画では、日本とインドの防衛・安全保障面での協力関係について解説している。動画後半ではインドと中国の国境紛争についても取り上げられているが、前半の日本に関する内容に対してもインド以外の国からもさまざまな反応が届いている。

出典:https://youtu.be/jC35UaK-4tY

動画内の説明の大まかな流れは以下の通り

    • 日本がインドに対して護衛艦ステルスアンテナを輸出するというニュースがあった
    • 日本からの同様の防衛装備輸出協定は、インド以外にも東南アジア諸国やクアッド参加国との間で結ばれている
    • こうした輸出を行って日本の軍需産業を発展させるのは、利益だけではなくインド太平洋地域における中国からの脅威も理由である
    • 日本は戦後に米国によって定められた憲法の条項により、戦争を問題の解決手段としないことになっている
    • しかし日本は国内軍需産業発展の必要性に気づき始め、与党は装備輸出の制限を緩和することを提案している
    • 日本のインドに対する装備の輸出は、米国にとっては中国に対抗する2か国の協力関係を強めることになり、インドをロシア側につかせないためにもメリットになる
    • なので今回の輸出は日本の安全保障に大きな影響力を持つ米国にとっても問題がない

 

海外の反応

名無しさん@海外の反応

9条は日本が軍事力を行使することを制限する…でも同じ目的を持った味方や近隣諸国に対して資金や物資を供給することは制限しない

いい動画ですね!(フィリピンから)100%インドを支持します

名無しさん@海外の反応

オーストラリアで暮らしてるのでこの中立的な地政学分析はうれしい。動画の説明に出てきた米国の従属国の1つだから。

名無しさん@海外の反応

日本企業の半分は中国の投資資金を持ってる。中国の主要な経済パートナーだ。サハリン2がBRICSに反する動きとして中国に対する経済侵略であるのはもちろんのこと。

名無しさん@海外の反応

インドのステルスアンテナ「ユニコーン」購入は将来完全ステルス軍艦を設計するための前向きな一歩。

名無しさん@海外の反応

近隣諸国と平和を保つのは常にいいことで近隣諸国と戦争することは常に両者に悲劇をもたらす。

名無しさん@海外の反応

インドと日本の関係をわかりやすく説明してくれてすごいです

名無しさん@海外の反応

ラテン語のことわざ通り、「汝平和を欲さば、戦への備えをせよ」。

名無しさん@海外の反応

もし日本が核兵器を持つことにしてロシアから提供を受けたらどうなるかなw

名無しさん@海外の反応

中国を攻撃するのに外国を頼りにするのは賢いとは思わない。

名無しさん@海外の反応

もし歴史と地政学を知ってるなら、日本はアメリカに言われなくても反ロシア的な態度になることを知ってるはず。

名無しさん@海外の反応

日本はインドの真の味方。

名無しさん@海外の反応

日本はアメリカから自由になる必要がある。

名無しさん@海外の反応

アメリカは日本にガンジー主義を押し付けた。

名無しさん@海外の反応

日本の憲法はまさにアメリカによって書かれた。日本はアメリカの側室だ。

名無しさん@海外の反応

日本は軍に使う予算がわずかしかない。

-海外の反応

Copyright© 世界の反応 , 2022 All Rights Reserved.