海外の反応

インドメディア「中国のレアアース・レアメタル戦略は通じない!その理由は日本にある!」海外「その通り」「日本はずっとこうだった!」

投稿日:2020/08/01 更新日:

 


 

日本は中国の「レアアース・メタル」独占を終わらせる準備が整っている

反中国の動きが強まるインドでは、最近メディアを含めて日本の動向にかなり期待をしているようである。今回このTFIglobalというチャンネルは、レアアースやレアメタルの問題に注目。日本が中国の独占的な立場を抑制する役割を果たすと伝えている。

出典:https://youtu.be/sUn9RZWKK6o

  • 軍事やITの分野でも活用されるレアアースやレアメタルを中国は独占的に保有し、外交戦略の武器として使っている。
  • 中国のほかにもレアアースやレアメタルが採掘できる地域はあるが、環境への影響などの理由であまり採掘がおこなわれていない。
  • 中国はアメリカに対してレアアースの輸出を禁止し、アメリカは対抗して中国のIT企業ファーウェイへの輸出を規制。
  • しかし、こうした中国の戦略は通用しないことは2010年に日本に対して行ったレアアース戦略で示されている。
  • 中国は日本に対する交渉で失敗し、日本は中国以外の国々からレアアースの輸入を行った。
  • 日本は今でもアメリカ他オーストラリアとともに中国のレアアース独占を制限するため協力している。

 

海外の反応

名無しさん@海外の反応

日本はみんなに甘く見られてるおとなしい子だけど、打ちのめす方法を9つも持っている。

名無しさん@海外の反応

インドに恵みを、アメリカは味方だ。

名無しさん@海外の反応

いいね。日本は中国に厳しい教訓を教えている。いいぞ日本!

名無しさん@海外の反応

その通り。アメリカ、日本、イギリス、オーストラリア、カナダなどは中国共産党の独裁者よりも多くのことが可能だ。

名無しさん@海外の反応

中国は今にも飢饉になる。レアアースやレアメタルは安くなってしまった。

名無しさん@海外の反応

だから中国は南アフリカに多額の投資をしてるんだな。腐敗した政府が中国共産党に国を売ってしまう中で。

名無しさん@海外の反応

日本がアメリカと争ってる時はこんな口調じゃなかったぞ

名無しさん@海外の反応

アメリカで、日本を応援している。

名無しさん@海外の反応

アメリカで採掘をあまり行っていないのは環境規制のせいだ

名無しさん@海外の反応

中国には本当にいい未来があったのに、今はソ連式の崩壊に向かおうとしている

名無しさん@海外の反応

中国がかつて報復として関税を引き上げたことがあったが、今は中国に対してインド、日本、オーストラリア、アメリカ、イギリス、ニュージーランド、カナダといった国々が同じことをやっている。そして中国は何もできていない。

名無しさん@海外の反応

インドと日本はアジアをリードする。世界は従うぞ。

名無しさん@海外の反応

日本は1895年から独占的な中国を抑制している。

名無しさん@海外の反応

オーストラリア人は日本の国土と同じぐらい巨大なレアアース鉱を開こう

名無しさん@海外の反応

世界が中国のサプライチェーンへの依存に対する代替策を築く段階に進んでうれしい。他国に対するいじめと反抗のせいで、中国は切り札をなくし、莫大な人口を失った。この悲劇の責任はだれにあるか分かっていながら。

名無しさん@海外の反応

日本はすでに中国に忘れられない教訓を教えた

名無しさん@海外の反応

中国の人々を解放しよう

名無しさん@海外の反応

アメリカだってレアアース鉱はある。それを使うんだ。

名無しさん@海外の反応

世界は味方だ。日本、オーストラリア、カナダ、ドイツだけで中国に対抗するには十分だ。

名無しさん@海外の反応

でも日本には「天然鉱物」がない…

-海外の反応

Copyright© 世界の反応 , 2020 All Rights Reserved.