海外の反応

海外「日本だからこそ成功しそう!」日本で「路面もレールも走る乗り物」が営業運行開始

投稿日:2022/01/02 更新日:

 


 

日本で道路と、線路を走る乗り物が運行開始へ

こちらの動画は、徳島県の海陽町で2021年12月運行開始した、タイヤで路面を走りさらに鉄道のレールの上も走る新しい乗り物「DMV(デュアル・モード・ビークル)」を紹介している。コメント欄でも少し指摘があるように似たようなシステムは今までも使われていたが、交通機関として乗客を乗せて運行するのは世界初とのこと。

出典:https://youtu.be/ie6a_ZIqLDw

  • 日本で、道路と線路の両方を走るミニバスのような乗り物が運行開始
  • 路面上では時速60キロで走り、線路上では時速100キロで走る
  • 乗り物の前輪が下がり、前部を少し持ち上げることでバスから電車にシフトする
  • 海陽町での運行が成功すれば、日本全国の公共交通機関が後に続く可能性もある

海外の反応

名無しさん@海外の反応

これはマジでかなりクールだ。がんばれ日本!

名無しさん@海外の反応

日本はいつも画期的なイノベーションとこうした生活を改善する徐々に良くなっているソリューションをどちらも考えようとする。日本経済が改善して輝かしい90年代(?)に戻るといいね。

名無しさん@海外の反応

鉄道のスケジュールと合わせないといけないっていうのは、悪夢の予感。

名無しさん@海外の反応

↑そうは思わない。日本は各地で時刻通りなことが知られてるから。

名無しさん@海外の反応

これはすごい!ただ…線路を間違えないでね。

名無しさん@海外の反応

これは日本ではうまくいく。でも、ほかの国々は鉄道を時刻通りに走らせる努力をしないとね。兼用システムは必要なさそう。

名無しさん@海外の反応

これは北日本の人口密度の低いエリアならいいかもね。これを東京で運行するとは思えない。同じく、インドみたいに人口密度の高い国では、これは使えない。

名無しさん@海外の反応

あまり乗客がいないけど鉄道が走ってるような小さな田舎路線にぴったり

名無しさん@海外の反応

かなり独創的で、これが使えるところといえば日本だね!

名無しさん@海外の反応

こういう乗り物はずっと前から存在してた。ただ、メンテナンス用だけど。

名無しさん@海外の反応

日本は常に最高のアイデアと最悪なアイデアを思いつくね😅

名無しさん@海外の反応

こういうのはずっと待ってた。成功するといいね。

名無しさん@海外の反応

空飛ぶ車はどうしたんだ?今頃にはもうみんな使ってるだろうって言われてたじゃないか!

名無しさん@海外の反応

スリランカではレールの上を走るバスが何年も運行してるけど、この二重目的バスというのは初めてかもね。

名無しさん@海外の反応

日本が素晴らしい発明をするとみんな喜ぶ。中国が発明するとみんな悲鳴を上げる😱「みんな殺されるぞ!」

名無しさん@海外の反応

こういう線路の上を走るのはトラックやクレーンなどのシステムとしてすでにあるけれど、渋滞を避けるために線路を使ってまた道路に戻るんじゃない限り、公共交通機関としてどんなメリットがあるのかわからない

-海外の反応

Copyright© 世界の反応 , 2022 All Rights Reserved.