グルメ

海外「一生に一度は食べたい!」アメリカで人気の日本人シェフが作る、豪華A5和牛丼に感激!

投稿日:2020/07/21 更新日:

 


 

128ドル/ポンドのボーンマロー入りA5和牛丼

アッと驚くようなインパクトのある料理を作ることでも人気のアメリカ在住日本人シェフの寺田弘行さん。今回の動画で作ってくれたのは豪華なA5和牛を使ったどんぶりだ。和牛に加えて、アメリカではおなじみというボーンマロー(骨髄)も入れた独特な料理!果たしてどんな味なんだろう…

出典:https://youtu.be/QBuFQcudRis

  • まずはボーンマローを削り取って、ガーリックバターなどで味付け。
  • オーブンで焼いている間に、A5和牛の準備。
  • 切った和牛はバーナーであぶり焼き。
  • ごはんには、トリュフを削り入れて混ぜる。
  • 牛肉をのせて、完成!
  • スペシャルゲスト(?)とともに、贅沢な一杯を分け合って食べる。

 

海外の反応

名無しさん@海外の反応

一方こちらの世界では:レイズのポテトチップスをサワークリームにつけて食べる

名無しさん@海外の反応

ボーンマローを削り取っているとき:これは「ハンニバル」のシーンみたいだ…

名無しさん@海外の反応

ボーンマローを削り取るのは観ていて満たされた

名無しさん@海外の反応

これは家で作ってみようと思うけど、米は買えるけどボーンマローやトリュフや和牛といった材料は代わりを探さないとね。卵焼きと残り物のホットドッグとか…

名無しさん@海外の反応

これはすごく興味深いね!ボーンマローについては骨ごとそのままでしか調理したことがなかった。けどこれならもっと味がつくね!

名無しさん@海外の反応

北海道産の米?北海道は美しい島だよ。隠れた宝石だよ

名無しさん@海外の反応

材料はみんな好きだけど、この料理は豪華すぎると思う。俺だったらバターはなくして和牛をもっと目立たせるかな

名無しさん@海外の反応

俺がもし死刑を待つ囚人だったら、これを頼むよ

名無しさん@海外の反応

この人には必ず感動させられるね。本当によだれが出ちゃったよ。すごい

名無しさん@海外の反応

これはここ何年か見てなかったような美しいものだね。よだれが出てきた

名無しさん@海外の反応

これ見て日本人に生まれたかったと思った

名無しさん@海外の反応

おいしそうだね。もう少し低予算で作ってみる。

名無しさん@海外の反応

これはうれし涙が出てきた

名無しさん@海外の反応

これは一生のうち一度は食べたい

名無しさん@海外の反応

これは味が強すぎだね…和牛に、ボーンマローに、トリュフ。強い味の食材が多すぎると思う。

名無しさん@海外の反応

ボーンマロー+和牛=どんぶりの天国だ!!!

名無しさん@海外の反応

あのカメラマンはゲストがありがとうと頭を下げているのに笑っていたね。あれは全然クールじゃない。かなり侮辱的だ

名無しさん@海外の反応

この料理は天国から届いたみたいだね

名無しさん@海外の反応

これは間違いなく作ってみたい!もし作るとしたら、ボーンマローの上に和牛をのせるだろうね。ボーンマローの脂と風味がご飯にしみこんで、メインの和牛がよく見えるから

名無しさん@海外の反応

日本の米ってスペインの米と全然違うね。すごい

-グルメ

Copyright© 世界の反応 , 2020 All Rights Reserved.