海外の反応

海外「世界の未来の姿だ…」「きっとこっちよりはマシ…」日本における「孤独」問題の現状を伝えた米メディアの報道に注目

投稿日:2021/06/26 更新日:

 


 

日本で増える「孤独死」清掃サービスの内側

こちらの動画では、アメリカの大手メディアが、日本の特殊清掃員やカウンセラーなどへのインタビューを通じて、コロナ下で悪化しているという「孤独」による問題について報道している。視聴者からは、アメリカはもっとひどい状況かもしれないという声や、日本の状況を悲しむ声などさまざまなコメントが届いている。

出典:https://youtu.be/wKSIN7hIi0Y

  • キャスターは「日本ではコロナとの闘いと並行して、コロナ下で増大した孤独という疫病とも闘っている」と紹介。
  • 13年間特殊清掃業をしているという男性の作業現場(孤独死してしばらくそのままになっていた男性の家)が映される。「最近は1人暮らしで亡くなった高齢者の家での仕事が多くなっている」と説明。
  • 孤立の問題を研究している日本の専門家は、「日本人の40%が孤独を感じており、40代以下に絞るとその割合は50%になる」と若い世代の孤独問題を指摘。
  • 日本の警察庁のデータによると2020年の4月に比べて2021年の4月には自殺率が19%以上増加したという。
  • 30歳のときにうつになり、自らの命を絶とうとしたが、その後心理学を学んで現在では24時間チャットで相談を受け付けているという女性にもインタビュー。
  • 再び特殊清掃員の場面に戻り、「(孤独死現場に)慣れることはなく、まるで時間が止まってしまっているように感じる」との作業員の声を伝える。
  • 最後に、日本の孤独・孤立対策大臣が、まずは誰が孤立しているのか、社会とのつながりを絶たれてしまうリスクがあるかを特定し、人のつながりを守る活動もしていくことを計画しているという内容をキャスターが説明。
  • また、孤立問題の専門大臣が設立されたのは日本が初めてではなく、イギリスにも同様の大臣がいることにも言及。

海外の反応

名無しさん@海外の反応

少なくとも日本はこの問題をどうにかしようとしてる。アメリカでは、問題が存在しないふりをしてるから、統計にもなってない。

名無しさん@海外の反応

こういう仕事をしたことがある。たとえ収入は50%アップしても、影響が大きすぎて転職せざるを得なかった。つらい仕事だ。

名無しさん@海外の反応

みんなまた人とつながる方法を学ばないといけない。

名無しさん@海外の反応

メンタルヘルスの問題により注目が集まるようになっていてうれしい。多くの人がメンタルヘルスについて話すほど、偏見も少なくなる。

名無しさん@海外の反応

これは本当につらい。かわいそうな孤独な人々に同情する。みんな再び人間性を見つけないといけない。みんなお互いが必要でお互いのためにいるんだってことに気づいた

名無しさん@海外の反応

なんて悲しいんだ!誰も1人ぼっちで死ぬべきじゃない!年齢や、文化、国籍に関わらず。

名無しさん@海外の反応

日本のすべてが好き…文化に、マナーに、誇りに…これは本当に悲しい。

名無しさん@海外の反応

こっちのほうがきっとひどいだろうな。アメリカはメンタルヘルスを全く認識していない。それとホームレスについても認めてない。アメリカはずっとそれ自体を否定してきた。

名無しさん@海外の反応

日本の人々に愛を。完全に理解できる。あきらめないで。

名無しさん@海外の反応

これが人間の真実だ。30日たっても、だれにも惜しまれない

名無しさん@海外の反応

政治家は全くこの問題を聞いたことがないようだから、孤独の問題を解決しようとする研究者がいてくれてうれしい。

名無しさん@海外の反応

日本はずっとこっちより20年先に進んできた。みんな、これが未来の姿だよ。だから次に友達とディナーに行くときは、スマホを置いて楽しもう。

名無しさん@海外の反応

国が新しい孤独対策大臣を任命したときはその問題がひどい証拠だ…本当に公共の福祉の問題になってるんだ。アメリカも同じことをしないと。

名無しさん@海外の反応

単に自分勝手で卑劣な社会。日本だけじゃなくて世界中がそうだ!

名無しさん@海外の反応

だから社交的な活動が必要なんだ

名無しさん@海外の反応

日本がメンタルについて気にしているのが見られてよかった。アメリカでは結果として暴力沙汰にならない限りはほとんどあまり気に留められない気がする。そして、暴力をふるった人が精神的に病んでいるのかそうでないのかに関わらずアメリカは病気のせいにする。

-海外の反応

Copyright© 世界の反応 , 2021 All Rights Reserved.