海外の反応

海外「素晴らしい!」次は火星衛星へ!JAXAの功績とこれからを紹介した動画に注目

投稿日:2021/12/28 更新日:

 


 

日本はいかにスペースマイニングを完成させたか

こちらの動画は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)がこれまでに行ってきたスペースマイニング(宇宙における採掘)のミッションや、今後予定されている計画について解説している。動画に対しては、真面目に感心するコメントからジョークのようなコメントまで、様々なリアクションが届いている。

出典:https://youtu.be/sh_kl9eiMfc

  • 小惑星状の物質を地球に持ち帰ることは、太陽系の歴史や生命の起源の解明に役立つ。しかし、物質を採掘するには探査機にはるかな距離の旅をさせ、重力の少ない地面に着地させなくてはならない。
  • この分野で大きな飛躍を遂げたのが、日本のJAXAだ。JAXAは電波・X線天文学や通信衛星・ロケットの打ち上げで活躍した3つの機関を統合して2003年に生まれた新しい機関である。
  • 2003年に、小惑星「イトカワ」を目指して探査機「はやぶさ」が打ち上げられた。探査機にはいくつか問題が発生し、当初の予定よりは遅れ、1mg以下のわずかな成果だったものの、世界で初めて小惑星からのサンプルリターンに成功した。
  • 「はやぶさ」の時の経験を活かし、2014年には「はやぶさ2」が小惑星「リュウグウ」に向かって飛び立った。「リュウグウ」は、水や有機物などの生命の起源解明につながる物質を含んでいるところが注目だった。
  • 「はやぶさ2」の回収したカプセルの中には、予想よりも多くの物質が含まれていた。2020年に地球に届いてまだ世界各地の研究機関で分析中である。
  • JAXAが次に探査するのは、火星の2つの衛星。2024年に開始予定で、2025年に1つ目の衛星からサンプルを採掘して2029年に地球に帰ってくる予定。このミッションでは、2つの衛星の成り立ちや生命の起源の解明や、火星への有人飛行ミッションにも役立つことが期待される。

海外の反応

名無しさん@海外の反応

かなり興味深い内容。次回はもっと持ち帰ってきてくれる。探査機にスペースXのファルコンロケットと同じ鳥の名前を付けたのが面白いね。

名無しさん@海外の反応

ESA(欧州宇宙機関)についての動画も作ってくれないかな?これも見逃されがちな重要な宇宙機関だ

名無しさん@海外の反応

これは感動的。専門とするのに素晴らしい選択だね。

名無しさん@海外の反応

日本は全般的に人類への素晴らしい心がけにあふれた国だ…

名無しさん@海外の反応

宇宙兄弟のアニメがJAXAに関して色々教えてくれたw

名無しさん@海外の反応

成功しますように。数滴の水が巨大な海を生んだことをいつも忘れないように。

名無しさん@海外の反応

もうすぐ行われるインドと日本の月ミッションが楽しみ。

名無しさん@海外の反応

JAXAの株が買えたらいいのに!

名無しさん@海外の反応

絶対にイーロン・マスクがJAXAより先に到着してシャベルでサンプル掘り出しちゃうぞ😂

名無しさん@海外の反応

1mg以下の小惑星の塵だって!?何年も開発し、何年も旅をして、手に入ったものが宇宙塵と同等だって!?いい出費だね…

名無しさん@海外の反応

この女の人だれ?残りの人生ずっとこの人が科学を語るのを聞いていられるよ。

名無しさん@海外の反応

地球にコロニー落とししない限りは、大丈夫

名無しさん@海外の反応

この後ガンダムを用意する必要が出てくる

名無しさん@海外の反応

素晴らしい人たち

名無しさん@海外の反応

シーッ!これはガンダム合金のためなんだよ

名無しさん@海外の反応

ほら、もう地球上のパンデミックだけでなく、異星版にも直面するぞ…

-海外の反応

Copyright© 世界の反応 , 2022 All Rights Reserved.